頼りのエコノミークラス症候群雪国哲理

て母、彼女が恋に一人の男の子が、彼女は男の子に告白の男の子に敬服するとして、そこで彼らは一緒に、すべての恋愛の形をしている.男の子は娘発見は彼女を愛し、彼女が好きだけかもしれない.

娘が愛してるのがとても疲れて、このような恋愛は彼女は、もし男の子ように彼女を愛してもいい.彼女は母親に聞いてどうする.母は言わなくて、娘が自分の背中を合図に座って.そこで母娘は背中合わせに座ってるし、娘を感じた柔らかな快適さと暖かさ.急に母を身体全体をおかげ過去、そして娘の気持ちを聞いて.私は気分が悪く、一種の圧迫を感じた.娘の答え.

母の体が帰って、今度彼女は娘に体全体を寄せてくる.娘の母親が突然やってみたが、身を行く.娘が体の重心がもともと全母の身で、娘をひどく転んでしまった.

よかった、あなたは今知った.恋愛は背中合わせに寄り添い、ただお互いに力を入れて、相手に多すぎる圧力と負担を感じ、双方で快適.忌憚のない依存、だけ相手に圧迫、同時にも気を失う.母は娘に言いました.

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>