薬に気をつけると男性が健康に危害をエコノミークラス症候群及ぼして

大きな薬局、売り場にはいろいろな精薬があり、包装箱は不思議な効果と説明している」.本当にそうなのかな?

Pケース分析

のケース分析P薬は、肝機能障害、肝機能障害と肝機能障害につながる

35歳の趙さんが重度の勃起不全、多種の薬物治療を無効にし、準備病院まで受け入れペニス人工挿入術.手術の前の日に、彼は経人購入を推奨を用いた神秘があると漢方薬の調合指図書の××1号.趙さんは内服後効果がとてつもない良い、そしてその夜に久しぶりの満足性生活をしていました.第二日朝、趙さんは退院手続きをし,エコノミークラス症候群、帰りにこの不思議に薬の治療薬の治療を受け続けている.三ヶ月後、趙さんはまた病院に来ました.この時の彼は面窶れ、私訴よく頭痛、慌てて、疲労や吐き気、検査発見彼は心筋虚血や肝機能障害.お医者さんは趙さんに彼を持って服用の魔法まで精力薬臨床薬理機構権威成分鑑定の結果,目を見張るもの.もともと、趙さんが服用した薬の主な成分は模造の西にある、その薬は正常に安全線量の4倍、しかも生産工程が粗く、薬には多くの不純物が含まれている.この薬は安全性を超えて倍数、薬剤効果が正規の薬物より強く、毒にも効果が増加します.粗く、薬物の純度が足りず、体の被害も巨大だ.趙さんの心筋虚血と肝機能障害はこの魔法の薬物で.

P薬は薬じゃないんですが/pPは、インポテンツ、早漏を治療するために目的の製薬にします.祖国の伝統医学は治療的な障害として多くの貴重な遺産を殘した.漢方医は性の機能の障害の弁証法を含む(持ち主問診明確インポテンツ疾病診断、ディスクリミネータ質性や機能性)、望诊、闻诊と切診て、しかも四诊合参,総合分析.祖国の伝統医学中のインポテンツは、西洋医学では、勃起不全(ED)(ED)と呼ばれていた.西洋医学はEDの治療に対して総合的に総合分析と多種の手段で治療して治療して.治療には心理療法、薬物療法と手術治療などが含まれて.中西医性障害の治療はすべて明確な病因を明確にし、危険因子、総合治療.医者に指導して、患者は正しい薬を指導するべきだ.

は、現在市場において多くの薬製品のほとんどが健康食品又は食品によって許可されている、薬品ではなく、一部で不法生産の.患者は盲目的にこれらの製品を使って、その安全性は心配している.

広告宣伝は、ペニスが大きく大きく増加することができることを粗く、性機能を高めるために、これらの製品の多くは性腺ホルモンとしてホルモンが増加します.正常な男性成人後その増進ペニスの生長の受容体が閉鎖され、まるで骨端線閉鎖身長増えないように、これらの製品は生じない陰莖増大大増加太い効果.逆に、過剰使用に男性生殖内分泌システム、心臓死、骨などにも被害が出て

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>