清流長彼岸過迄良川エコノミークラス症候群はっと紅塵

蜀に山の絶頂、雲霧かよわく回る、白鷺を峯間.

剣仙修はその上、日進仙術夜観、星を哀れむ世の中、人々に苦しむ.

祈り六年ほど、世現妖妃惑主、モヤモヤ蒼生、人民を塗炭の苦しみに落とす.

莫子俊承師命と剣からして、斬妖妃、不安に思うが、彼岸過迄、平災い.

.蜀山

千織自分さえも知らないなぜここに来て.

甘先生に失礼ながら、大きな違いないで走って彼の内閣.

白玉雕砌の巨池に流れる晶藍の液体は、波の波を推進するように、いつでも溢れ、池の縁は全部で何を受けた無形の阻害、スピンを池の中に戻った、それの繰り返し.

当千織手扒住玉池エッジ、背伸びして欲しいから中を見る時、突然霧の虚空に伝わって来たちょっとハスキーな声、ため息をついています:痴児.

千織驚愕の振り返って見て、虚空に現れた人形に足のソフト、ストレートなはひざまずいて、先生の.

白衣の老人は徐々に近づいて、清流長良川、枯れた手はこの人を千織の頭、ゆっくり聞きます:“あなたのこの故を池の中で何を見てるの?」

千織が垂れている頭、両手で冷たい地面抵触玉がない言葉.

あなたこのプールで彼を見て、そうか?」見えない答え弟子、老人はすべてのニュアンスを見抜いてつづけた.あなたにこの蜀峰絶頂の時は、喜んでは前世の記憶に殘ってから洗い連れ去ってこれをプールのある日に戻りたいなら、その蜀山浮世離れに持っていって、自然は自分のあの掬池の……今はこんな子俊を長くとはとっくにその杯の水を飲むことは、自分の記憶を取り戻したでしょう、でも彼は喜んでその身に殘る苦しみを通して、帰りたくもないこの日阙来……ここに話及んで、老人は停滯していて、引き続き道:“は避けられでも一緒だったね……」

聞いて最後の言葉に、千織ついには頭を上げて、とっくに升華仙の先生を見て、眼中に先の恐れはない、エコノミークラス症候群、急に劫?何度か?

老人収回覆が彼女の頭の手、笑い、あなたは考える、修身剣道は簡単ですか?誰もが一度は経験しなければならない大劫十分な力があるのなら、必ず無事に過ごし、昇進は仙、もしは落ち込んで……灰が消える.

下山は彼を助けに行く、待たずに老人と、千織は先を争って、私は彼に飛散.

弟子は断固としての目を見て、心の底でため息をついて老人に、バックハンド1、1束晶蓝の液体は池の中から昇って、まるで生命に包まれ、軽い流れながら、崩れない.千織手を迎えに行って、右手の袖すべり落ち肘か所、露出した白い腕、右腕箇所に、3つの梅赤い印は現れてきた.

これはあなたの

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>