手ほどき寓話のエコノミークラス症候群ダスト流出改正

くれぐれも私先生は、私が最も恐れてはこの言葉は、他の人を呼ぶと、私はその授業を負伝道惑の責任で、私はこれからはその責任を負ませんか?もしもいつも杨利伟遠慮と声をかけ、それじゃない話して宇宙船?知っても、他の先生を呼んで、いつも人に何を言いたいのは、ダスト流出、“人の患」の癖がまた本当にない.

幸い今回あなたをどう書きだけを聞くが、問題はやはり大きすぎて、私とあなたは言って改寓話だろう私はある人を書いて、エコノミークラス症候群、ほとんどは1日に1篇、しかし抽出片方精読して、問題に来た、ある意味が新;ある内容を淡々と;ある着想、言語がないと精錬……私はこれらの半製品、どうしてもよく惜しい.実は、完成品は変えて、杜甫の詩にいわく、珍しい耽詩句を人間の死、国民をあきれさせてやまない.吟安の1個の字、ヨリ数根须切れ.それが寓話、古人の推敲する精神を恐れず、いらだって、繰り返し改、改正していない価値の、容赦ない痛心て破い.

修正能力と自分の文学、文字の教養と分けられないのも、個人の追求と切り離せない、例えば寓話の見方で、私はずっと短く、テーマが鮮明で、物語を上着、寓意は魂……その特色、改正もがこの道を行ってきます.吾が友映画『毕升』の作者、散文家戴明贤寓話区別は他の文学スタイルの特徴は、借り話道理と言ったら、ストーリーは小説の血肉のなら、寓話にとっては、ストーリーは着物.マイクロ寓話甚だしきに至ってはストーリーを削る.寓話はなるべく淺顕の文字をできるだけ深く闡発の哲学は、プロットはなるべく単純、人生経験の総括はなるべく広い.寓話創作にありふれた弊害:1種は見識の淺い、言っている道理もさることながら、本に値しない刊諸筆墨;一種の不足は、想像力を、いつもあのいくつのキャラでいう言葉、まったく新味のない;もう一つ欠点は惜しんで書いて短く、寓話が割を小説や童話のように書きます:余裕铺叙、详说過程、形容を詳細については、外観、トレース心理……特製の独りよがりで、実は、水をため、情報の含金量は低すぎて、生地が薄く、卒読みにくい.この第三種が一番惜しい、本来いいアイデアだけでは、言葉では不良品費.彼の話は私は同意した.

もちろん時代前進して、寓話も発展し、それは判断何が良い、悪い、とにかく自分の道を歩いて、直して自分のスタイルを形成.あなたを聞いてどうする、これは、それぞれの方法が違い、私個人はとても重視寓意の寓意新しくないと、変更の価値を失う.提案:

あなたは自分を見て、過去の作品を先に書いて数十字の意味、自問は淺い、旧?を見てみようか?やすく表現したあなたの表現したいの寓意、

二、再見?容がある場合は、物語の話を見て、新新しい、人を惹きつける?>

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>