不治のエコノミークラス症候群縁故債病。

医死シリーズ()

一人のアメリカ医学博士のアンドリュー·ウィルさんが書いたという本『治愈」を打ち出した人体内にある固有回復システム、人の多くの病気は自然の回復の視点.彼は一例を挙げて、一人の女性というクリスチャン闘病の物語.

クリスチャン十九歳になっていて、には、再生障害性貧血、これは1種の骨髄造血機能不全の低減や血液疾患、その次ぐ白血病と見なされても、同じ不治の病.

彼女が病気になってから、半年に住んでいるにもかかわらず、医者はあらゆる手を使っている療法が、すべて未発生予想の効果を、最終的に治療、言いつけ児養生――死神の降臨.

しかし、クリスチャンは女の子で、彼女は病院で治せない病気ではありません、がっかりしてではなく、他の治療を探して.

彼女はまず一位士に自分の信仰療法を実施し、毎週彼女に5回手摩頂の祝儀を.この儀式ではないけど医学手段ですが、調理を受ける摩頂者の心理的には積極的な作用の.やっぱり、2週間式の後、クリスチャンの血液細胞の指標が正常範囲の下限に上昇し、これは喜ばしい信号!

後、彼女はまたどうぞ1位の食療の師は彼女が擬定した回復食療のレシピ、毎日食事療法師科学の指導の下で食.

20年が過ぎ、クリスチャンで生きている人間になって、そして彼女は4人の子供の.

クリスチャン重病は事実で、病院を治療は未効果も事実で、彼女のこの名直らない病気の患者は長期生き延びていたよりは争えない事実で、そして彼女の病気と闘うのは医学の方法として、これはまさか1ですか!

もう一度繰り返すアンドリュー博士の観点:人体内にある固有回復システム、人の多くの病気は自然の回復.明らかに、クリスチャンは採処理(摩頂)と食事療法の2つの方法の調理の下、異動した自分の体の回復システム積極的であり、病気を自然に回復.

もう一つは価値がクリスチャン幸い発見:病院に彼女の病気は治せない時ではなく、ハード治治療ではなく、あきらめた、やっと彼女をされていない治死、続いてきたことがあった彼女の可能性.

実は、多くの重症患者が死亡し、特に不治の病患者は全は真の病と死のかなりの部分は、いくつかの危険な療法は治の死、また一部は病気し死.後者は、極度の恐怖心が生じた、内部>

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>