エコノミークラス症候群はどんな病気ですか?

エコノミークラス症候群とは、飛行機のエコノミークラスなど、狭い空間に同じ体制で長時間過ごした時に生じやすいことから、このように呼ばれます。下腿(かたい。膝から下)などの細い静脈の中で、血のかたまりができ、それが移動して肺の血管に詰まって肺塞栓症を起こすことをいいます。この病気は長時間、同じ姿勢で座ったままでいると、脚の静脈の血が流れにくくなり、膝の裏あたりの静脈に「血栓」(血の塊)ができる事があり、それによって起こります。立ち上がって歩き始めた瞬間に血栓が血流に乗って流れ始め、肺まで流れると、血管が詰って、「胸の痛み」や「息苦しさ」などを感じます。

旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)になりやすい人は、血栓が出来やすい人です。メタボリック症候群をはじめとした生活習慣病の人、例えば肥満、糖尿病、下肢静脈瘤などを有している人は、注意が必要です。又、40歳以上の女性、背が低い人、タバコを吸う人なども注意が必要です。

エコノミークラス症候群の原因の一つは、極度の乾燥がもたらす脱水です。特に飛行機、列車、車などの中は、快適に過ごせるように室内にはエアコンが稼動しています。エアコンは気温を調節するには良いのですが、乾燥してしまう特徴があります。トイレへ行くことを回避しようと水分摂取を控えてしまうことが原因の一つで、飛行機の中や車中泊の時に特に起こりやすいといえます。デスクワークなど身体を動かさない場合は喉の渇きを感じにくくなりがちです。冷暖房が効いた室内では水分補給を心掛けてください。また、アルコールは利尿作用がありますので、控え目にするか、水分を一緒に摂る方がよいでしょう。

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>