エコノミークラス症候群は狭い座席に長時間座っていることから起きる疾患です。足の血管内に血栓ができ、それが肺に流れ込んで胸痛・呼吸困難・心肺停止などの症状を起こし、最悪の場合死に至ります。旅行者血栓症ともいいます!

ですから、エコノミークラス症候群は「飛行機でのみ起こる症状」だと思われるかもしれません。しかし実には、旅行者血栓症は、飛行機だけではなく、列車旅行など、長時間座席に座って移動する時や、オフィスでのデスクワーク、長時間の会議、劇場・映画館などでも起こると考えられます。特に、空調設備の整ったオフィス環境はきわめて航空機内に類似した環境と言えます。旅行者血栓症とは何か、その原因をしっかり理解し、賢明に対処することが大切です。

それで旅行者血栓はどんな症状になるのですか?ここから紹介いたします。

軽症(鈍痛)

血栓が左右両側に同時に起こることは極めて稀で、左右どちらかのふくらはぎの内部に不快感、鈍い痛み、腫れなどを起こします。一般的には4:1の割合で、左側のふくらはぎに発生します。

中症(鈍痛+むくみ)

軽症の血栓が、さらに血液の流れに沿って心臓側に徐々に延び、成長していって、大腿部あるいは骨盤内部深部静脈まで塞いでしまい、片方の下肢に強い痛みや浮腫(むくみ)が出ます。

重症(呼吸困難・失神)

中症の血栓が血管壁からはがれ、ズルズルと大静脈を上行して、いったん心臓に入り、次いで、酸素を取り入れる器官でもあり、血液のフィルターでもある肺の血管(肺動脈)を詰まらせてしまい、酸素を取り入れるという生命維持機能が害されます。呼吸困難、脈の増加、失神などが起こります。

さて、旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)の原因と予防方法はなんですか?ここは7つの予防策を心がけましょう。

1.2~3時間少し席を外して歩く

2.座席を座ったままで、カカトやつま先の上下運動と腹式深呼吸を1時間毎に3~5分行う

3.たっぷり水分を摂る

4.ゆったりした服装を着る

5.血行を悪くするので、足は組まない

6.不自然な姿勢で寝てしなうため、睡眠薬は使用しない

7.女性や高齢者は、アイルサイドに座る

ですので、できるだけ長時間に座ることを減少しましょう。自分の健康のケアをするために、ぜひ旅行者血栓症に心がけましょう。

オススメサイト情報

情報の量もたくさん手に入れすぎると混乱してしまうことがありますのでほどほどにしましょう。色々なところに自分のアンテナをしっかりと張ってください。きっといい結果につながると思います。克服方法は色々ありまして薬やサプリメントを服用したり塗ったりして改善していく方法や自分自身で改善していく方法もあります。早漏薬やサプリメントなどの飲む方法や塗る方法は簡単にできますが少々お金がかかります。
高麗人参は研究が進んだことによって、より具体的な精力増強効果が明らかになっており、これからますます精力剤の原材料としての役割が高まっていくことが期待されています。ゼファルリンなど現在人気を集めている精力剤にも使用されている点もその証拠でしょう。
レビトラは勃起を促す薬ですが、実際どのような仕組みでEDの症状を改善するのでしょうか。まず、レビトラの主成分バルデナフィルはPDE5阻害薬と言われる成分です。バイアグラのクエン酸シルデナフィル、シアリスのタダラフィルも同様です。バルデナフィルは、ネーミング通り、PDE5という酵素を阻害する役割を持ちますが、元々EDの症状はPDE5の影響で起こっています。
媚薬は催淫剤と呼ばれ、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言います。惚れ薬とも称されています。肉体的な性機能の改善を目的とした女性用精力剤、強壮剤も含まれています。
シアリスは一番最近できたEDシアリス治療薬として副作用も少なく食事に影響されなく服用後約30~36時間と長時間の効果など良い点が多いのです。
今日は心因性の勃起不全(ED)について説明していこうと思いますー! まず、EDの勃起不全原因として大きく3種類のケースに分けられます。